足立さつきさんが合唱団結成 60歳以上の女性対象に

2018年03月08日

 兵庫県丹波市春日町出身の声楽家、足立さつきさん(56)が60歳以上の女性を対象にした合唱団を4月に立ち上げる。足立さんが主宰する女声合唱団は、「コーロ・ディ・マッジョ」に続いて2団体目。60歳以上が慣れ親しんだ曲を歌い、より健康を意識した練習法で活動する。

 団名は、「合唱で自分を愛する」を意味する「Coro m'amo(コーロ・マーモ)」。コーロ・ディ・マッジョは30―70歳代の35人が在籍している。全国的に高齢者のみを対象にした合唱団が増えつつあり、「人生の積み重ねを表現できる喜びを味わってほしい」との思いから立ち上げることにした。

 コーロ・ディ・マッジョのテーマ曲は「切手のないおくりもの」、コーロ・マーモは「どこまでも行こう」をテーマ曲にするという。呼吸法を学びながら、昭和の流行歌や唱歌、合唱曲などを歌う。足立さんは「歌うことは、のどやその周りの筋肉、お腹の筋肉、全身を使う運動。何歳からでも鍛えられますよ」と話している。

 土曜を練習日とし、足立さんが月1回、声楽家の松田佳美さん(柏原町)が月2―3回指導する。午前10時―同11時45分、柏原自治会館で行う。居住地、経験の有無を問わない。月謝5000円。結団式と初回の練習は4月21日午前10時から。入団の受け付けは随時だが、結団式からの入団の申し込みは4月15日までに、松田さん(TEL090・1220・1804)。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。