バングラデシュ村「だいじょうぶ屋」

2018年05月26日
バングラの支援に

 カラフルな服、スパイシーなカレーの香り、変わった人力車―。アジアンテイストに彩られた店は、城下町にあって異色の魅力を放っている。

 南アジアの国、バングラデシュで学校を建設するなどの支援活動を展開しているNPO法人「P・U・S(バングラデシュの村をよくする会)」の拠点。理事長の岩下八司さんと妻の啓子さんが、同国の服やアクセサリーを販売したり、手作りのバングラカレー(500円)を提供し、活動資金にしている。

 来店を機に同国へ旅する人も多く、岩下さんは、「いろんな人との出会いの場になれば」とにっこり。

篠山市二階町11-1
tel.090・8382・3131
営業時間/10:00~16:00
火曜定休


















電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。