将棋教室「と金会」 大人会員を再募集

楽しんで子の壁に

2018年03月02日
将棋教室「と金会」 大人会員を再募集

写真・孫ほど年齢の離れた子どもと真剣勝負する大人たち=青垣住民センターで

 青垣住民センターで子ども将棋教室を開いている「丹波と金会」(北川千速代表)が、大人の将棋愛好家の会員募集を始めた。現在2、3人の愛好家が子どもの相手をしながら指しているが、大人どうし対局できるよう、また、子どもの刺激にと、広く会員を募ることにした。

 15年前の発足当時は大人だけで35人ほどの会員がいた。諸事情で子ども部門だけが残った。青垣で毎週土曜に開いている教室には、近年の将棋ブームも手伝って丹波市をはじめ近隣市からも幼稚園から高校生まで約70人が集まるほどの盛況で、棋力の近い子どもたちがリーグ戦で腕を磨いている。

 大人の会員はいなかったが、最近ポツポツ子どもの相手にと会員になる人が出てきた。子どもの相手だけではなく、大人どうし指せるようにと、初心者・段級、男女不問で募集し、大人部門を再開することにした。

 入会金なし。会費月額1000円。問い合わせは北川さん(TEL090・5043・2992)。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。