アグリステーションに自家焙煎コーヒー店 「ペルー館」が移転

アンデス料理も提供

2018年02月02日
アグリステーションに自家焙煎コーヒー店 「ペルー館」が移転

写真・施設内に設けた自家焙煎の設備と「ペルー館」の上田さん夫婦=兵庫県篠山市小枕で

 旧城南保育園を活用した農産物加工・販売の拠点施設「アグリステーション丹波ささやま」(兵庫県篠山市小枕)内に、アンデス料理と自家焙煎の本格コーヒーが味わえるカフェがオープンした。篠山、また城南地区の魅力を内外に発信する施設に特色のあるカフェを加えることで、さまざまな交流が生まれる場にしたい考え。

 カフェは、上田謙治郎さん(64)と妻でペルー出身のデルタさん(60)=同市河原町=が二階町で9年間にわたって営業していた「ペルー館」が移転。「篠山ペルー館珈琲店」と名を変え、世界を旅してきた夫妻が腕を振るい、ペルー、グアテマラ、キリマンジェロの豆をブレンドしたこだわりの自家焙煎コーヒーや、パイ生地にミンチやゆで卵、玉ねぎなどで作ったあんを入れたアンデス料理などを提供する。

 上田さんは、「コーヒーは深いコクに加え、飲んでいるうちに苦みが甘みに変わる」と太鼓判。料理にはペルーの香辛料も用いるため、異国気分が味わえる。

 施設横の畑で栽培した野菜を料理に使っていくほか、上田さんの友人が講師を務める英会話などの教室も開催している。

 営業時間は午前10時―午後4時。月、火曜定休。問い合わせは上田さん(TEL080・5345・3421)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。