内田修二氏訃報

2018年02月08日

 内田修二氏(うちだ・しゅうじ=音楽家)2月5日午前6時57分、肺炎のため丹波市内の病院で死去、86歳。自宅は丹波市柏原町東奥465ノ1。葬儀は8日午後1時から柏原町田路49のネムールの森で。喪主は妻、令子(れいこ)さん。

 母校の柏原高校に1963年から19年間勤務し、コーラス部の指導にあたった。71年、氷上混声合唱団「パストラール」を結成、常任指揮者に就任した。73年には丹波合唱の会、75年には氷上郡少年少女合唱団、88年には氷上音楽協会を結成。96年には丹波の森「第九」を歌う会を結成し、会長に就任。丹波で初めて「第九」の演奏会を開催した。78年に混声合唱組曲「丹波」を作曲するなど、作品も数多い。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。