「夢は消耗品に」 元マラソン代表の小島さん講演 兵庫・篠山市

2018年06月19日

写真・後輩たちを前に熱く語る小島さん=兵庫県篠山市東沢田で

 兵庫県篠山市般若寺出身の元マラソン選手で、現在は旭化成陸上競技部ヘッドコーチの小島忠幸さん(41)=宮崎県延岡市=が6月13日、母校の篠山中学校を訪れ、全校生徒や保護者ら約430人を前に、「私と陸上競技―陸上を通して歩んできた道」と題して講演した。

 世界選手権出場、五輪選手候補など華々しい功績の陰で血のにじむような努力をした小島さん。「つかめそうでつかめないのが夢。それを消耗品だと思うことで限りなく夢に近づく努力ができる」「まずは興味があることや得意なことを自分の「プラットフォーム」(土台)としてしっかり持ってほしい」などと熱弁。後輩たちに、陸上を通した人生の指標を示した。

(詳細は篠山版6月17日号で)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。