産婦人科医に感謝伝えよう 母親2人が活動開始

2018年06月03日

写真・池田医師へのメッセージや写真を呼びかける中村さん(右)と畑さん=兵庫県篠山市北新町で

 兵庫医科大学ささやま医療センター(篠山市黒岡)で出産した母親ら2人が、長年にわたって同センターの産婦人科を支え続けている池田義和医師(65)に感謝の気持ちを伝えようと、市民からのメッセージや、同センターで生まれ、成長した子どもたちの写真を募っている。7月24日まで。池田医師は一時期、一人で産婦人科を背負っていたこともあり、母親らは、「池田先生がいてくださったことで、どれほど安心できたか。生まれた子どもたちみんな、池田先生の子どもという気持ち。感謝の思いを届けられたら」と呼び掛けている。

(詳細は篠山市版6月3日号)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。