桶ットに笑顔と歓声 今田の温泉で卓球全国大会

2018年02月09日

写真・タヌキの着ぐるみで熱戦を繰り広げる選手たち=篠山市今田町今田新田で

 「第7回全国桶ット卓球大会」が2月3日、こんだ薬師温泉ぬくもりの郷で行われた。男子25組、女子22組、男女ペア30組の3部門計77組が参加。桶でボールを打つ際の「コン、コン」という心地よい音と、参加者の歓声が響きわたる中で、湯気の出るような熱戦が繰り広げられた。夢こんだ、篠山市中央公民館などでつくる事務局の主催。

 アニメのキャラクターなどに仮装したり、揃いのTシャツで出場するチームもあり、それぞれが大会を盛り上げた。

 小野博子さん(篠山市郡家)と森真澄さん(同市住吉台)は、タヌキの着ぐるみにサングラス姿で出場。2人は卓球友だちで、同大会に3度出場している小野さんが森さんを誘った。2人は「職場の人に偶然出会ってびっくり。子どもにも内緒です。大会の雰囲気もいいし、楽しい」と笑顔だった。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。