著者紹介

清水雅子(しみず・まさこ)
丹波市柏原町出身、岐阜県各務原市在住。1947年生まれ。俳句サークル「ひまわり句会」指導。俳誌「栴檀」編集長。日本ペンクラブ会員。丹波新聞「やすらぎ」執筆を1979年より担当。家族との生活や四季のうつろいの中で感じたなどを、好奇心あふれる主婦の目線でしたため、長年来のファンも多いエッセイです。

  • 樟 (くす) の花

    2002年05月26日
     樟若葉の美しい季節になった。 新芽は初めこそ赤っぽいが、 数日で華やかな萌黄 (もえぎ) 色に変わる。 約一月後、 クリーム色の小さな花が咲き始める。 元々この木は 「樟脳」 の材料なので、...続きを読む
  • 高山いいとこ一度はおいで

    2002年05月23日
     4月から始まったNHKの朝ドラは岐阜県の高山が舞台。 ヒロインはハワイ生れの3世という設定だ。 中村メイコさんと津島恵子さんが祖母役で相変わらず脇役に老練の役者さんがそろっている。...続きを読む
  • 若葉の旅

    2002年05月19日
      「一泊旅行ぐらいなら留守番に行くから、 ゴールデンウイークに出かけたら?ここんとこずっと2人一緒の旅はしてないでしょ」 と次女が言ってくれた。  義母も 「香与子 (次女)...続きを読む
  • 命のビザ

    2002年05月16日
     第2次世界大戦中、 ポーランドからドイツに追われて脱出してきた約八千人の 「ユダヤ人避難民」 を救うために 「命のビザ」 を発行した故 「杉原千畝 (ちうね)」 についてご存じだろうか? 岐阜県の八百津...続きを読む
  • パンツの上にスカート

    2002年05月12日
     パンツの上にスカートといっても、 この場合のパンツはズボンのことだ。 「そんなこと言わんかてわかるわ」 と言えるのは50代以下の人たちか、 おしゃれにとても関心のある人だろう。 私なども 「パンツ」...続きを読む
  • 尺取虫

    2002年05月09日
     食卓で山椒の葉を摘んでいたときのこと 「あらいやだ、 尺取虫がいる」 と言いながら義母がティッシュで捕まえようとする。 「えーっ、 ちょっと待って」 と広告の上にのせてもらった。...続きを読む
  • 週休二日制

    2002年05月02日
     公務員の夫の職場の週休二日制が始まったのはいつだっただろうか。  十五年ほど前かと思うが、 はじめは隔週の土曜休みで一年後二日制になったような気がする。  当時夫はウインドサーフィンに夢中で、 土、...続きを読む
  • 天然のわさび

    2002年04月25日
     夫の高校の同級生が、 車で十分ほどの所に住んでいる。 パソコンにスキーと趣味も共通しているので二週間に一度は長電話をしたり、 お互いの家を訪ね合っている。   その彼が四、...続きを読む
  • 義母のクラス会

    2002年04月21日
     毎年四月の初めごろ、 師範学校時代の義母のクラス会が岐阜の長良川河畔である。 去年までは一泊二日の会を楽しんでいたのだが今年は欠席するという。 「車で送って行くから顔だけ見せに行きませんか?」...続きを読む
  • かたくりの花

    2002年04月18日
     氷上町清住の山ろくの 「かたくりの花」 が本紙に載っていた。  こうした山野草は昔から咲いていたのだが、 注目され人々が見に行くようになったのは、 ここ二十年ほどのことだろう。...続きを読む
« 1 ... 108 109 110 (111) 112 113 114 »

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。