復帰しました

2018年05月17日

 育児休業が明け、編集記者復帰しました。またよろしくお願いいたします。

 時短勤務で、1歳になった次女をこども園に送ってから出勤する。抱っこで先生に預けると、まだ少し泣き顔になる。仕事中、ふと、今ごろは給食を食べているかな、今日はお昼寝できているかな、などと思い出し、子どもも慣れない園でがんばってくれている、私もがんばろう、と思う。

 育休が終わりに近づくにつれ、復帰したら時間に追われ家事に追われ…と気ばかり焦っていた。しかし、いざ仕事が始まると、家族や職場の温かさに助けられ、仕事のありがたみも感じている。あとは、これからいろいろあるだろうが、子どもが体調を崩さないことを祈りながら、臨機応変にいくしかない。

 小さい子どもと過ごす毎日は新鮮で、笑いが絶えない。目をきらきらさせて全力で遊ぶ子どもたちと一緒にいると、大人も元気が沸いてくる。「子育てはあっという間」―。子育てを終えた先輩方からよく耳にする言葉。子どもと一緒に過ごせる時間を大切にし、そこで得たものを仕事にも最大限活かしたいと思う。(古西 純)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。