戌(いぬ)年

2018年01月14日

 同級生の三分の二ほどが今年は年女、年男。私は一月生まれなので来年。もっとも、干支のことを意識するのは、年賀状を書くときと正月くらいで、普段はあまり気にしない。十二月に丹波へ帰った時、タクシーの運転手さんが可愛い犬のカレンダーをくれた。「あら、可愛い、猫はないの?」と聞いたら「来年は戌年やさかいねぇ」と言われ、はたと気づいた。

 世間のペットブームとしては猫の方が人気のよう。日本の人口のかなりを占める七十代の高齢者にとって、毎日の散歩がやはりネック。その点、猫はまずつながずに飼えて、自主的に運動してくれる。我が家の一番若いメス猫の直虎は、棚という棚に駆け上がり、猫ドアから好きな時に出かける。車もほとんど来ない雑木林に囲まれた一軒家だから可能なのだが。まあ、家飼いにしても猫に散歩は必要ない。最近は年とった時に介護しやすい小型犬が人気で、昔はやったハスキーやレトリバーなどの大型犬は影をひそめた感じ。まあ、いつの時代も人間の勝手が先行する。

 去年の大河ドラマ「直虎」はあまり視聴率の上がらないまま終了。今年はなんと西郷隆盛のお話だとか。西郷さんと言えば、上野にある恩賜公園に犬を連れた銅像が有名。西郷さんが上野を闊歩していた頃は、まだまだ自然が残っていて、この犬を兎狩に使っていたとか。ちなみに犬種は薩摩犬だという。渋谷駅前のハチ公とともに、東京で有名な二匹の犬、やはり人間に忠実なのが犬の特性。でも猫のわがままぶりが私は好き。自分に似ているからかな。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。