バーガー店を運営・施設のイベント企画 花田匡平さん(丹波市春日町下三井庄)

2018年02月26日

地域を盛り上げたい

 兵庫県丹波市柏原町大新屋にあるレジャー施設「丹波悠遊の森」の副施設長。施設内のレストランを改装し、3月1日からハンバーガーとバーベキューメニューを提供する店をオープンさせる。これを機に、社員2人を雇用し、株式会社フォレストレジャープランニングを立ち上げ、同店のメニュー開発や人的配置、イベント企画などソフト部分を担当するほか、これまで自宅で経営していたシェアハウス兼農家民宿「フラワーハウス」の運営、4月から丹波悠遊の森協会が指定管理者として管理運営するレジャー施設「京都大呂ガーデンテラス」(福知山市)のイベント企画などに携わる。

 大阪府堺市出身。転職活動の中で丹波を知り、4年ほど前から春日に移住。大阪の友人を招いて狩猟者同行のマタギツアーやシイタケの原木をつくる体験、酒蔵巡り、黒豆の栽培体験などを企画。さまざまなイベント企画を実行する中、同協会の社員になった。悠遊の森では、森の中でハンモックを作ったり、ごはんやカフェをするイベント、日本バーベキュー協会認定の検定のほか、施設のネット予約や手軽なログハウス「ミニログ」を導入するなどし、集客力を高めた。

 バーガー店では「月1回のライブイベントや夏にはビアガーデンもしたい。SNSで情報発信し、悠遊の森とともに地域を盛り上げていきたい」と話す。

 趣味はお酒とバーベキュー。「シェアハウス、民宿でお客さんと一緒に食卓を囲むのが好き」。2反の黒豆農家でもあり、丹波バーベキュー協会の副代表、NPO法人「丹のたね」の理事も務める。36歳。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。